糟屋郡志免町のお客様より水道メーターボックスの蓋をプラスチック製から鉄製に交換したいとのご依頼です。
お客様はマンション管理組合の方でしたが、車などが通過して水道メーターボックスの蓋(量水器と書かれている蓋です。)が
割れてしまったりすると自己負担で修繕を行わないといけませんので注意が必要です。
お客様の組合が管理されているマンションへ伺います。

別段破損はしておりませんでしたがお客様のご希望で鉄製(鋳鉄製)の蓋に交換することになりました。
サイズを計測して後日の交換作業でしたが作業日前にまたご連絡があり、散水栓の蓋が割れたとのことでそちらも交換となりました。

水道メーターボックスは本体がコンクリートの中にありますので本体外周を掘り起こして本体も交換となります。
電動ハンマーでコンクリートを砕いていきます。

水道メーターボックス本体が入るまで砕いて穴を拡げていきます。
本体をモルタルで埋め込み固定します。

モルタルが固まる間に散水栓の蓋の交換ですが、こちらは蓋のみの交換です。
マンションですと散水栓の蓋は使用頻度が高いでしょうから経年劣化が原因でしょうか?

割れないと思ってガシャンと閉じてしまう方も多いのも原因の一つかと思います。
モルタルが固まり蓋の開け閉めを確認して水道メーターボックスの交換作業完了です。

本日もご依頼ありがとうございました。

+‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥+
福岡市、北九州市、春日市、筑紫野市、大野城市、
宗像市、糸島市、糟屋郡 他
ポンプ・井戸ポンプの修理・交換は
福岡水道センターにお任せ♫
福岡の水漏れ・つまりは福岡水道センターへ
お気軽にお電話くださいね♪
福岡水道センター 社員一同
0120-00-20-30
+‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です