福岡市中央区大手門のお客様よりご依頼で流し台下のディスポーザーが故障したので取り外したいとのご依頼です。
ディスポーザーは大変便利な設備ですが故障しやすい設備ではあります。

果物の種や大きな魚の骨、アルミホイルでも噛み込んでしまい故障の原因となります。
寿命も日頃の掃除・メンテナンスを行って10年弱くらいでしょうか。
確かにディスポーザーが故障したらそのまま取り外して普通の排水に戻す方も多いですね。
生ごみを少なくできて便利な設備ですが、使い方や使用期間がにより修理や故障の問題が出てきます。
お客様もディスポーザーを取り外して排水トラップに交換したいとのことでした。

早速、ディスポーザーの電源を切り、取り外しを行っていきます。
新しい排水トラップを取り付けていきます。

排水管も新しくしていきます。
排水トラップと排水管を接続して交換作業完了です。

水もキレイに排水管に流れていきました。

本日もご依頼ありがとうございます。

+‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥+
福岡市、北九州市、春日市、筑紫野市、大野城市、
宗像市、糸島市、糟屋郡 他
ポンプ・井戸ポンプの修理・交換は
福岡水道センターにお任せ♫
福岡の水漏れ・つまりは福岡水道センターへ
お気軽にお電話くださいね♪
福岡水道センター 社員一同
0120-00-20-30
+‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥+‥‥‥‥‥‥‥+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です